Photoshopで水滴を描く方法(フォトショ)

Photoshop水滴画像を作る方法(フォトショ)photoshop
この記事は約2分で読めます。

楕円形ツールで円を描く

楕円形ツールで、何色でもいいので円を描く(色は影響されません)

楕円形ツール

ドラックして水滴の大きさになる円を描く。

ドラックして水滴の大きさになる円を描く

キャンバスの大きさは、1920px×1276pxにした。

キャンバスの大きさ

円の大きさは、これくらい。

円の大きさ

円を透明で立体的にする

描画モードは、オーバーレイ

塗りは0%にする。

描画モードは、オーバーレイ。塗りは0%にする。

円レイヤーを選んで、レイヤーの下にあるfx(レイヤースタイルを追加)をクリック。

fx

ベベル(内側)の設定

ベベル(内側)の設定

シャドウ(内側)の設定

影を強めにしてます

シャドウ(内側)の設定

ドロップシャドウの設定

今回は影、強めにしてます。

ドロップシャドウの設定

ドロップシャドウの色は少しグレーにしました。

ドロップシャドウの色は少しグレーにしました。

少し立体感が出てきました!

少し立体感が出てきました!

楕円をコピーして円の中に効果を施す準備

楕円形のサムネイルをコマンドを押しながら左クリック(WindowsはCtrlを押しながら左クリック)をして選択範囲にする。

楕円形のサムネイルをコマンドを押しながら左クリックをして選択範囲にする。

背景レイヤーを選択して、選択範囲をコピーしたレイヤー。ショートカットは(Macは、コマンド+J)(WindowsはCtrl+J)

背景レイヤーを選択して、選択範囲をコピーしたレイヤー。ショートカットは(コマンド+J)

レイヤー0を切り抜いた(レイヤー1)が出来ました。

レイヤー0を切り抜いた(レイヤー1)が出来ました。

球面で立体的にする

選択範囲をコピーしたレイヤーを選んで、サムネイルを選んで左クリックで選択範囲にして、

フォルター>変形>球面

フォルター>変形>球面

球面の量は50〜70くらいにしました。

球面の量は50〜70くらい

内側の柄が拡大されて立体感が出ました!

内側の柄が拡大されて立体感が出ました!

光を描く

新規レイヤー>ブラシ>白でサイズ190pxくらいで書きました。

新規レイヤー>ブラシ>白でサイズ190pxくらい

右上にワンクリックで光を描く。

右上にワンクリックで光を描く。

水滴の完成!

完成レイヤーはこちら。

完成レイヤーはこちら。

数値は、好きな数値で作ってね。(キャンバスの大きさや円のサイズによって変わるよ)

タイトルとURLをコピーしました