Photoshop(フォトショ)線状の火や炎を描く方法【フィルター>描画>炎】

photoshop
この記事は約2分で読めます。

フォトショップの炎を描くのは、すでに用意されている炎モードを使えるので簡単!今回は線状に炎を描く方法を紹介。

炎を描く基本

今回はこちらのフリー画像を使う。
※文末にフリー画像がダウンロードできるページを載せているよ。

今回はこちらのフリー画像を使う。

新規レイヤー>ペンツール>で線を描く

新規レイヤー>ペンツール>で線を描く

このような感じでパスを書きました。

このような感じでパスをかきました。

フィルター>描画>炎

フィルター>描画>炎

このようにでる。とりあえず、デフォルトでOKを押します。

このようにでる。とりあえず、デフォルトでOKを押します。

線状に炎が描けました。

線状に炎が描けました。

レイヤーはこちら。

レイヤーはこちら

炎を濃くする

一度、炎を描くと、再度フィルターを開くと、すぐ下に炎がでるようになる。押す。

一度、炎を描くと、再度フィルターを開くと、すぐ下に炎がでるようになる。押す。

ワンクリックで炎が濃くなる。

何度も繰り返しができ、その分、濃くなる。炎の編集は出来ない。(同じ炎を濃くすることしかできない。)

ワンクリックで炎が濃くなる。

炎のバリエーション

炎を描く基本的なバリエーションはこちら。

炎を描く基本的なバリエーションはこちら。

1つの炎(パスに沿う)

1つの炎(パスに沿う)で描く。

1つの炎(パスに沿う)で描く

このようになる。

1つの炎(パスに沿う)このようになる。

キャンドルライト

キャンドルライトで描く。

キャンドルライトで描く。

他のパターンも試してみてね。

さらに細かく編集するには

炎編集モードの基本の隣にも、色々編集できる詳細が付いている。

炎編集モードの基本の隣にも、色々編集できる詳細が付いている。

炎を描いた後、描画モードのぼかしガウスなどを加えてもいい感じになるよ。

炎の色を変える

炎にカスタムカラーを使用にチェックする。

炎にカスタムカラーを使用にチェック

デフォルトでオレンジになっているところの色を変える。

デフォルトでオレンジになっているところの色を変える。

今回はブルーの炎にしたよ。

今回はブルーの炎にしたよ。

キャンドル風に間隔をあけて配置することも可能だよ。

キャンドル風に間隔をあけて配置することも可能だよ。

今回使用したフリー画像

こちらからダウンロードして練習してみてね!

my best in collections – see and press 👍🔖によるPixabayからの画像

タイトルとURLをコピーしました