Illustrator(イラレ)リボンをかける方法

Illustrator(イラレ)リボンをかける方法Illustrator
この記事は約2分で読めます。

動画で確認する場合はコチラ

Illustrator(イラレ)でリボンレターを描く

12角形を描く

多角形ツールドラックしたまま、上ボタンを押すと辺が増えて、12角形を書く。
※塗りあり、枠線なし

(8角形も簡単にできるからおすすめよ)

はさみツールで左の2か所アンカーポイントをクリックすると切れる。(画像赤い〇部分をクリックして切る)

はさみツールで左の2か所アンカーポイントをクリック

選択ツールで→切った上端をdeletで消す。

はさみツール

選択ツールパスファインダー>合体

もうい1か所もはさみツールで切る(一度、はさみツール解除にしてから進行)

このような形になる。
※画像はわかりやすいようにドロップシャドウを入れています。

はさみツールで切る

レターを書いて整列ツールで場所を整える

レターになる4角形を長方形ツールで描く。
(塗りあり)

選択ツール>全部の図形を選択→4角形を左クリックするとブルーの線が付く。

選択ツール>全部の図形を選択→4角形を左クリックするとブルーの線が付く

整列パネル>水平方向左に整列(横端をそろえて)➡整列パネル>垂直方向上に整列(上端をそろえる)。

このように重なる

リボンと画用紙を重ねる

右クリック➡レターを最背面にする。

右クリック➡レターを最背面に

リボンの物体2個とも選択して、移動少し画用紙からはみ出す。

右クリックでリボンの片側を最背面に移動。して右クリックでリボンの片側を最背面に移動する

右クリックでリボンの片側を最背面に移動

影をつける

アピアランスパネル>fx>スタイライズ>ドロップシャドウ

(効果>スタイライズ>ドロップシャドウでもOK!)

アピアランスパネル>fx>スタイライズ>ドロップシャドウ

ドロップシャドウパネルで濃さや距離を調整

ドロップシャドウパネルで濃さや距離を調整

片辺完成!

下端もチャレンジしてね。
※整列パネル>水平方向右に整列➡整列パネル>垂直方向下に整列を使うよ。

まとめ

Illustrator(イラレ)リボンをかける方法まとめ

次回は、久しぶりにPhotoshopの曲線に合わせて文字を作成するよ!

タイトルとURLをコピーしました