生成AI

StableDiffusionのEmbedding(エンベッティング)の格納場所と使用方法

StableDiffusionのEmbedding(エンベッティング)の格納場所と使用方法生成AI
この記事は約3分で読めます。
piyo
piyo
今日の運勢

Embeddingとは

Embeddingとは、ネガティブプロンプト(たまにプロンプトもあります)に、オススメの呪文を色々書いたテキストをパッケージしたものです。

※こちらの記事は、Embeddingとダウンロードを知ってる人向けのの説明になります。

使用例(モデル:Counterfeit使用)

Before(EasyNegativev2なし)

After(EasyNegativev2あり)

Embeddingの格納先

ダウンロードしたファイルを、「Stable Diffusion」をインストールしたフォルダ内の「stable-diffusion-webui」>「embeddings」の中に格納する。

Embeddingの使い方2点紹介

スペル間違いをすることもあるので、慣れるまでは「使い方1」をオススメします!

使い方1

Generate下の「花札マーク」>

Textual Inversion>ネガティブプロンプトの記載場所を選択>

格納した「Embedding(今回はEasyNegative v2)」をクリック>ネガティブプロンプトにトリガーワードが記入されます

使い方2

ネガティブプロンプト(もしくはプロンプト)に書き込むだけ

Civitaiの場合

トリガーワードはここに書かれています。こちらの文字を記入

HuggingFace の場合

(例)ネガティブプロンプトに記入

  • 「EasyNegative」をダウンロードした場合:「EasyNegative」
  • 「EasyNegativev2」をダウンロードした場合:「EasyNegativev2」

Embeddingは、ほかのプロンプトとの併用も可能

ほかのプロンプトとの併用も可能なので、ほかのプロンプトを記載するといいですよ!

おすすめ記事

Embeddingの次はVAEを入れるのもオススメ!

その他StableDiffusionの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました