サーティファイPhotoshop®クリエイター能力認定試験とアドビ認定アソシエイトの比較

サーティファイPhotoshop®クリエイター能力認定試験とアドビ認定アソシエイトの比較photoshop
この記事は約3分で読めます。

Photoshop検定試験

Photoshopの検定試験で日本で一般的に有名なものは2つあります。

アドビ認定アソシエイトサーティファイPhotoshop®クリエイター能力認定試験です。

どちらを受けようかと思っている人に、私の感じた2つの違いを書きます。

アドビ認定アソシエイト受験の体験談はこちらで見てね
アドビ認定アソシエイト 試験合格感想①Adobe Certified Associate CC 2020 Photoshop 【2021年受験】

実務経験有無の視点で観た試験の比較

アドビ認定アソシエイト他にサーティファイPhotoshop®クリエイター能力認定試験には、スタンダードとエキスパートの試験があります。

私は、サーティファイPhotoshop®クリエイター能力認定試験のエキスパートとアドビ認定アソシエイトの試験を受けたので、個人的に「実務経験がない人」「実務経験がある人」に、こちらの試験から受けるのがおすすめと、思うところがあったので書かせていただきました。

両方合格するのが望ましいけど、受かりやすい方から受けた方がモチベーションが上がりますよね。

実務経験がない人でも受かりやすいと思うもの

Photoshop®クリエイター能力認定試験

→実技試験の時間が長く、内容が簡単なため。実技が少し苦手で時間がかかっても、テキストの範囲内容を暗記すれば、合格すると思います。一般的な色彩についての内容など暗記が多いです。

スタンダードとエキスパートの試験がありますが、内容が重複している部分が多く難易度も近いので、最初からエキスパート試験を受けるのが良いと思いました。

印刷やWEBの違いや色彩原理など覚えておくと基礎知識も勉強できていいです。

実務経験がある人が受かりやすいと思うもの

アドビ認定アソシエイト

→普段、使用している内容が比較的多く、私自身も新たに勉強をしなくても合格しました。ただ、頻繁は使わない設定変更や保存方法の違いなどを理解している必要があります。

ショートカットキーが使えないため、ショートカットキーではない場所を覚える必要があります。

試験をしながら「Photoshopでこんなことも出来たんだ」と新しい発見がありました。

※学生であれば合格するとadobe社の世界大会に出場の権限が与えられるそうです。

実務経験がない人には、実技試験の時間が短めな部分がネックになるかと思いました。

サーティファイPhotoshop®クリエイター能力認定試験の公式ページ

試験の詳細は、こちらの公式ページで確認してね。
https://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/

アドビ認定アソシエイト公式ページ

試験の申込みや詳しい説明は、こちらの公式ページで確認してね。
https://adobe.odyssey-com.co.jp/index.html

試験対策公式問題集
https://amzn.to/3uiG2Th

受験の体験談

受験の体験談はこちらで見てね
アドビ認定アソシエイト 試験感想①Adobe Certified Associate CC 2020 Photoshop 【2021年受験】

Adobe試験対策は、別のページで紹介しますね。
不定期更新で次回につづく▶

タイトルとURLをコピーしました