Photoshop画質が劣化しない編集方法6点【スマートオブジェクト】

Photoshop画像を劣化すない方法6点【スマートオブジェクト】photoshop
この記事は約2分で読めます。

スマートオブジェクト

通常のレイヤーの画像は、拡大・縮小、回転、ゆがみ、変形、遠近法、ワープをすると画像が劣化する。

スマートオブジェクトをかけると、画質を保持したまま編集ができ、劣化しなくなる。

※非破壊編集という。

書き込みや消すなど、一部の編集はスマートオブジェクトでは出来ない。ラスタライズにして編集する。

※スマートオブジェクトをしていない画像や、スマートオブジェクトを解除した画像をラスタライズと言う

スマートオブジェクトの欠点は、重くなること。動きが重いときなどは、解除しよう。

【方法1】レイヤーで右クリック

スマートオブジェクトをかけたいレイヤーを右クリック>スマートオブジェクトに変換する。

スマートオブジェクトをかけたいレイヤーを右クリックする。

スマートオブジェクトにするとレイヤーの端に下記のマークがつく。

レイヤーの端に下記のマークがつ

【方法2】レイヤーから選択

スマートオブジェクトしたいレイヤーを選択して、レイヤー>スマートオブジェクト>スマートオブジェクトに変換

レイヤー>スマートオブジェクト>スマートオブジェクトに変換

【方法3】埋め込みスマートオブジェクト

開いている Photoshop ドキュメントに、スマートオブジェクトとしてファイルを読み込む。

ファイル>埋め込みを配置を選択

ファイル>埋め込みを配置を選択

図のようにスマートオブジェクトで配置される。

図のようにスマートオブジェクトで配置される。

【方法4】スマートオブジェクトとして開く

ファイル>スマートオブジェクトとして開くを選択します。

ファイルを選択して「開く」をクリックします。

ファイル>スマートオブジェクトとして開く

レイヤーにスマートオブジェクトマークがつく。

レイヤーにスマートオブジェクトマークがつく。

【方法5】レイヤーの境界線でクリック

レイヤーの境界線をalt(Option)を押しながらクリック

(Windows) Alt キー
(Mac OS) Option キー

レイヤーの境界線をalt(Option)を押しながらクリック

すみません、スクショ取れず…

【方法6】リンクされたスマートオブジェクトの作成

ソースの画像ファイルに変更があると、リンクされたスマートオブジェクトのコンテンツが更新される方法。

ファイル/リンクを配置

ファイル/リンクを配置

同期させる方法はこちらのページで確認してね
Photoshop【スマートオブジェクト応用】取り込み元素材の変更を同期させる方法

【ラスタライズ】スマートオブジェクトを解除する方法

スマートオブジェクトは、「ラスタライズ」で解除できる。

レイヤーを右クリック>レイヤーをラスタライズ

スマートオブジェクトは、「ラスタライズ」で解除できる。

ラスタライズ=スマートオブジェクトを解除」したので、先ほどまでついていた、サムネイルの右端のマークが消える。

スマートオブジェクトを解除したのでサムネイルのマークが消えた。

スマートオブジェクトでは編集できない加工をしたい時は、ラスタライズしてを作業しよう。

タイトルとURLをコピーしました