photoshop(フォトショ)画像サイズ変更【解像度変更】

画像サイズ変更(解像度変更)photoshop
この記事は約3分で読めます。

解像度変更とは、例えば5000pxの画像を1000pxにしたい時など縦横比を保持してサイズ変更する時にオススメ。

解像度変更(dpi)

例えば、350dpiでもらった画像を100dpiにしたい時など。
解像度を下げると画像の容量が減り、軽くなる。

たて、よこのサイズ変更前に解像度変更をする事。(解像度を最後に変えると縦と横のサイズも自動的に他のサイズになっちゃうよ)

イメージ>画像解像度

(ショートカットキーは、option+command+I)を3つとも押す。

ショートカットキーは、option+command+I

下記の画面の「解像度→幅と高さ→OK」を押す。

※左側のくさりマークがグレーアウトされていると、縦横比を保持されるよ!(通常は、チェックが入ったままの状態で)

イメージ>解像

画面の左下で修正されている事を確認

画面の左下で修正されている事を確認

完成!

解像度を上げたい時

ディティールを保持2.0で再サンプルを作成にすると、画像がきれいになるらしい!

再サンプルの選択

(左)処理前、(右)処理後

どうだろうか?

今回の画像では。私にはあまり違いが分からない。

元画像ディティールを保持2(srgb)
(左)処理前、(右)処理後

解像度を上げるにはこちらの方法がお勧め
Photoshop【スーパー解像度】jpg,tif,raw,dng画像で「強化」する方法(Windows)「ディテールを保持2.0」比較も!

画像はこちらから使わせていただきました。(640×427pxをダウンロード)
Markus DistelrathによるPixabayからの画像

補足:再サンプル部分の詳しい説明

「再サンプル」の部分迷ったときは「自動」のままで。

ニアレストネイバー法
高速ですが精度の低い方法です。画像内のピクセルを複製します。この方式は、アンチエイリアスされていないエッジのあるイラストにおいて、鮮明な線を保持し、ファイルサイズを小さくする場合に使用します。ただしこの方法では、画像を変形したり、拡大縮小したり、1 つの選択範囲に対して複数の処理を実行すると、修正部分がギザギザになる可能性があります。

バイリニア法
周辺のピクセルのカラー値を平均してピクセルを追加する方式です。標準的な画質が得られます。

バイキュービック法
周辺ピクセルの値の調査に基づく、低速ながらより精度の高い方式です。より複雑な計算を使用するため、「バイキュービック法」は「ニアレストネイバー法」や「バイリニア法」よりも色調のグラデーションが滑らかになります。

バイキュービック法(滑らか)
画像を拡大するための優れた方式です。バイキュービック法の補間に基づいていますが、より滑らかな結果が得られます。

バイキュービック法(シャープ)
画像を縮小するための優れた方式です。バイキュービック法の補間に基づき、シャープ化を強化します。この方法では、再サンプルされた画像でもディテールが保持されます。「バイキュービックシャープ」で画像の一部がシャープになりすぎる場合は、「バイキュービック法」を使用してみてください。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/image-size-resolution.html

カンバスサイズ変更【好きの方向に余白を出す】も見てね。

タイトルとURLをコピーしました