Photoshop水波に馴染んだ反射を描く方法【置き換え・波紋】

Photoshop水波に馴染んだ反射を描く方法【置き換え・波紋】photoshop
この記事は約2分で読めます。

前回描いたこちらの画像を編集するよ。

前回描いたこちらの画像を編集するよ。

こちらの水面をいちから描く方法はこちらで確認してね!
Photoshopいちから水面を描く方法【雲模様1&クローム】

波を描く

ジグザグで波を描く

フィルター>変形>ジグザグ

数値は下記のくらいにしました。

フィルター>変形>ジグザグ>数値

こうなります。

フィルター>変形>ジグザグこうなります。

波を描く違うバージョンはこちらにもあります
Photoshopで水面(水波)を作る方法【変形>ジグザグ】

保存

この状態をpsdデータで保存する。

この状態をpsdデータで保存する。

対象物を置く

今回は文字を書きました。

今回は文字を書きました。

複製して反転

文字を複製して反転させる。

反転する方法の復習はこちらのページで確認してね。
Photoshop(水平方向、垂直方向)画像の反転

文字を複製して反転させる。

レイヤーの状態はこんな感じ

レイヤーの状態はこんな感じ

反転文字に波の効果を

反転した文字のレイヤーを選ぶ。

フィルター>変形>置き換え

フィルター>変形>置き換え

言われるがままにスマートオブジェクトにしましょう

スマートオブジェクトにしましょう

置き変えの数値は、私は下記の数値にしました。

置き変えの数値は、私は下記の数値にしました。

OKを押すとデータを選ぶモードになるので保存した、psdデータを選ぶ。

OKを押すとデータを選ぶモードになるので保存した、psdデータを選ぶ。

レイヤーの状態はこちらになります。

レイヤーの状態はこちらになります。

文字をさらになじませる

フィルター>変形>波紋

フィルター>変形>波紋 

波紋の数値設定。私は、下記の数値にしました。

波紋の数値設定。私は、下記の数値にしました。

レイヤーはこちらになります。

レイヤーはこちらになります。

自然な感じで消す

グラデーションをかけて消す。

こちらのページを確認してグラデーションをかけてね
PHOTOSHOP(フォトショ)グラデーションで消す方法

さらに、不透明度と塗りを薄く調整してレイヤーは下記の状態になる。

不透明度と塗りを調整。

完成!

完成

今回は文字だけど、写真でするといい感じになりそう! 試してみてね。

タイトルとURLをコピーしました