Camera Raw撮影後の画像が綺麗になる【スーパー解像度】jpg,tif,raw,dng編集方法(Windows)「ディテールを保持2.0」比較も!【Photoshop】

Photoshop【スーパー解像度】jpg,tif,raw,dng画像で「強化」する方法(Windows)「ディテールを保持2.0」比較も!photoshop
この記事は約3分で読めます。

フォトショップのCamera Raw新機能のスーパー解像度は、写真の画質を保ったまま解像度を2倍にすることができる。拡大してもディテールは、保持。ai技術で撮影後に写真の解像度を綺麗にできる機能は必見!

Macはこちらのページを見てね
Aiで撮影後の写真が綺麗になる!【スーパー解像度】jpg,heic,tif,raw,dng編集方法(Mac)

文末に「スーパー解像度」と「ディテールを保持2.0」画像の比較画像も掲載しているよ!

スーパー解像度とは

スーパー解像度は、写真画像をAIで画質を保ったまま解像度を2倍にすることができる

拡大してもディテールは保持されたまま幅と高さが2倍、総ピクセル数は4倍まで拡大される。

jpg、tif画像を作業するときの設定

※こちらの項目は、rawやdng画像の時は、しなくてOK(始めるところは「ここから!」って書いています)

環境設定の変更

編集>環境設定>ファイル管理>CameraRaw環境設定

環境設定>ファイル管理>CameraRaw環境設定

ファイル管理>JPEGを「すべてのサポートされているJPEGファイルを自動で開く」に変更

TIFFを「設定を使用してTIFFファイルを自動で開く」にする。

CameraRaw環境設定
Windows画面

設定完了!

※heicは、Macのみで編集可能(Windowsでheicを編集する場合は別のソフトでjpg変換して使う)

CameraRawで開く

※rawやdng画像は、「ここから!」始める

ファイル>指定形式で開く

ファイル>指定形式で開く

右側をCameraRawで開く

右側をCameraRawで開く

一番初めは、下記の画面が出るので開始をクリック

開始をクリック

このような画面になります。

このような画面になります。

強化(スーパー解像度)する

中心の画像の上で右クリック>強化

中心の画像の上で右クリック>強化

スーパー解像度>強化
(jpg画像とtif画像はRAWディテールは選べない)
※下記のプレビュー画像は、バグっています

スーパー解像度>強化(jpg画像とtif画像はRAWディテールは選べない)

強化が終わると左下に強化前の画像と強化後の画像のサムネイルが出来て見比べが出来る。

左下に強化前の画像と強化後の画像のサムネイル

編集が終わったら、完了を押して保存をするか、オブジェクトとして開くでPhotoshopの通常の編集画面に飛ぶことが出来る。

Before →Afterの比較

見比べると、花の中心辺りがくっきり綺麗になった!

元画像

元画像
元画像

強化後の画像

強化済画像(srgb)
強化済画像(srgb)

(左)処理前、(右)スーパー解像度後

こちらでスライドすると分かるかな?

元画像強化済画像(srgb)
(左)処理前、(右)スーパー解像度後

スゴイ!綺麗な画像になった!!

「スーパー解像度」と「ディテールを保持2.0」画像の比較

前からある、画像がきれいになる「ディテールを保持2.0」画像も作成し、見比べてみた。

元画像(スーパー解像度していない)に「ディテールを保持2.0画像」処理

ディテールを保持2(srgb)
ディティールを保持2.0画像

「ディテールを保持2.0」画像作成方法

詳しい解像度の使い方はこちらのページを見てね。
photoshop(フォトショ)画像サイズ変更【解像度変更】

「ディテールを保持2.0」画像作成方法

(左)スーパー解像度、(右)ディテールを保持2.0画像

スライドしてみてね!

強化済画像(srgb)ディティールを保持2(srgb)
(左)スーパー解像度(右)ディティールを保持2.0画像

やはり、スーパー解像度がきれい!

※素敵な元画像はこちらから使わせていただきました。(元画像640×427px)
Markus DistelrathによるPixabayからの画像

タイトルとURLをコピーしました