Photoshopビット数とは?bit数の変更場所【8bit,16bit,32bit】(フォトショ)

Photoshopビット数とは?bit数の変換場所【8bit,16bit,32bit】(フォトショ)photoshop
この記事は約2分で読めます。

フォトショップでbit数が大きいと、使用カラーが多くなるということ。今回は、bitの注意点と編集する場所の紹介。

ビットとは

bit数とは、1pxで使用できるカラーの情報量

bit数が多いと使用カラーが多くなり、表現がより正確になるが、ファイルサイズが大きくなり重くなる。

つまり、bit数が大きいほどデータの扱える階調が増える。

具体的に色数で

bit数の画像は、ブラックかホワイトになる。

グレースケールモードでbit数が8の時、28となるので、256色のグレー値になる。 

RGBモードでは 、3原色のカラーで構成されてるので、8bitで、各チャンネルで256階調の値を取ることができるので、1600万を超えるカラー値を表現できることになる。

RGBモードで16bitにすると65536階調で表現が可能になる。

普通に見る分には、8bitで問題はないが、補正作業などをする場合は16bitにしたほうがよい

ちなみに、32bitにするとトーンカーブや、使えないフィルターがあるので、私は基本的に使用しない。注意しよう!

bitの設定場所2箇所

新規作成時のbit選択の場所

右側にビットを選ぶ場所がある。

新規作成時のbit選択の場所

編集画面でのbit変更場所

イメージ>モード>8bit〜32bitで選ぶ

イメージ>モード>8bit〜32bitで選ぶ

「きれいな画像にしたいのか、軽い画像にしたいのか?」最適な画像を作ろう!

タイトルとURLをコピーしました