Photoshopで動画作成する方法①【タイムラインの使い方】パラパラ動画の作成

Photoshopで動画作成する方法①【タイムラインの使い方】パラパラ動画の作成photoshop
この記事は約2分で読めます。
piyo
piyo

フォトショップで動画作成する方法を紹介!簡単な動画編集ならPhotoshopだけで完成するよ。今回は静止画を繋ぎ合わせた動画を作成ぴよ🐣

ちなみに動画内容のイラレの投稿ページはコチラだよ▼

Illustrator
「Illustrator」の記事一覧です。

今回は簡単なパラパラ動画作成をするよ

今までに作ったjpg保存の画像をつなげて、.mp4で書きだします。

画像の読み込み

今回、作成済みのjpg画像を使う。同じサイズの画像を下記のように沢山入れました。

画像の読み込み

タイムラインを開く

ウィンドウ>タイムライン

ウィンドウ>タイムライン

ビデオタイムラインを作成を選択

ビデオタイムラインを作成を選択

下記のようにレイヤーと同じ順番でタイムラインが表示される

下記のようにレイヤーと同じ順番でタイムラインが表示される

※レイヤーと同じようにが上にあるほうが優先で見える。紙を重ねている感じ。

画像を出す順番

下記のようにバーをドラックですこしずつ左にずらしていく。

下記のようにバーをドラックですこしずつ左にずらしていく。

タイムラインの表示を小さくして右側を表示させる

左下の山印バーを右にスライドすると拡大表示、左にスライドすると短く表示される

左下の山印バーを右にスライドすると拡大表示、左にスライドすると短く表示される

再生してみる

タイムラインの▶を押すと再生される。■を押すと一時停止する。

タイムラインの▶を押すと再生される。■を押すと一時停止する。

表示の確認

タイムライン上側の(01:00f)など書かれているのが時間になる。再生されるときに赤いライン部分の映像が表示される。

タイムライン上側の(01:00f)など書かれているのが時間になる。再生されるときに赤いライン部分の映像が表示される。

最後に再生ボタンを押して、つなぎに問題がないかプレビューを確認します。

完成のタイムライン

このようにPhotoshopレイヤーと同じ考え方で動画作成が出来るよ。

完成のタイムライン

完成動画

書き出し

映像形式(.mp4)で書き出す方法はこちらで確認してね
Photoshop動画をmp4で書き出す方法

タイトルとURLをコピーしました