Photoshopで光を描く方法(図形作成と描画モード)【ソフトライト】

Photoshop図形作成と描画モードで光を描く方法【ソフトライト】photoshop
この記事は約2分で読めます。

元画像

アドビストックの無料素材(画像のリンク先はページの最後に)

アドビストックの無料素材

全体を暗くする

右下の丸が半分塗られているマークを押して、トーンカーブを選択

トーンカーブを選択

下側に下げてこんなかんじにしました。

トーンカーブ下にずらす

画像は暗くなります。

画像は暗くなります。

ブラインドを描く

左側の図形ツール>長方形ツール

左側の図形ツール>長方形ツール

表示に入っているガイド線を出すと書きやすいかも

ひとつ長方形を描いて、右側にコピーして作成していきます

ひとつ長方形を描いて、右側にコピーして作成していきます

ブラインドの角度を変える

編集>変形>ゆがみ

編集>変形>ゆがみ

分かりやすいように下側を斜頸にしました。

斜頸しました

ブラインド画像をひとつのレイヤーにまとめる

レイヤーは長方形がたくさんになっています。

レイヤーは長方形がたくさん

長方形の全部レイヤーを選択して、レイヤーの文字の上で右クリックでシェイプを結合

長方形の全部レイヤーを選択して、右クリックでシェイプを結合

レイヤーが一つになります

ぼかす

フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)

フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)

20くらいにしました。

ぼかしガウス画像

ブラインドがボケました。

ぼかした画像

ブラインドを光にする

ソフトライトにしてみる

ブラインド図形のレイヤーを選んで描画モードをソフトライトにします。

描画モード(ソフトライト)

完成!

完成(ソフトライト)

オーバーレイにしてみる

描画モード(オーバーレイ)

華やかなかんじになりましたね。私は、ソフトライトがいいかな。

完成(オーバーレイ)

完成レイヤー

一番上にあるグループ1フォルダーは、通常ないです。

完成レイヤー

(左)Before(右)After

光が入ると雰囲気が出ますね!

今回使用した画像

下記から無料ダウンロード出来るから試してみてね。

アドビストック ファイル番号:  298750099

タイトルとURLをコピーしました